膣内射精障害の改善

膣内射精障害の改善に有効とされているもの

 

 

膣内射精障害は心因性や間違った方法での自慰行為が原因とされています。膣内射精障害を克服するにはオナホールを使用した治療や正しい自慰行為をすることが改善のカギとなるのです。

 

膣内射精障害とはどんなもの?原因とは

 

男性の代表的な悩み尾といえば勃起不全や精力減退なども挙げられますが、その中でも膣内射精障害も深刻な悩みの一つとなっています。

 

膣内射精障害とは、その名の通り膣内に陰茎を挿入できない場合や挿入できたとしても射精までに及ばない状態のことまでを含むとされています。性行為が長時間になるというのは男性にとっては喜ばしいことの一つともいえますが女性にとっては体の負担になることもあります。

 

また、膣内で射精ができないということは不妊の原因にもなったり夫婦間やパートナーとの関係がぎくしゃくして離婚にもなりかねませんので、改善していくことが望ましいといえます。

 

男性の射精障害の原因として考えられることは、EDなどの勃起不全も挙げられますが、EDの起因の射精障害の場合その症状を改善することで射精障害をも改善する場合が多いとされています。

 

それよりもオーガズムを得られることができずに射精にまで至らないことがより深刻な問題といえます。膣内射精障害の原因として考えられるのは心因性の問題と間違った方法での自慰行為です。

 

オナニーで射精障害が・・・。

 

射精障害で悩む実に90%の人は心因性であることが多く、特に厳格な家庭で育ち厳しくしつけられた男性というのは感情をコントロールする傾向にあるためそれによって心が解放できずにうまく射精までに至らないということが考えられます。

 

あるいは、避妊具を装着していても女性を妊娠させてしまうのではないかという不安や膣内に陰茎を挿入することそのものに対する嫌悪感を無意識に持っていたりする場合にも射精障害になることが多いのです。

 

メンタル面以外の理由として、自慰行為における方法が特殊である場合にも射精障害に至ることがあります。

 

たたみや床にこすりつけて行っていく方法や握り方が強すぎている場合には女性とのセックスにおいて射精ができないことが多いとされていますので、正しい自慰方法を導いてくことが改善への近道となるのです。

 

 

膣内射精障害の改善に有効なこととは

結論から言うと、心因性の射精障害を治す治療薬というのは存在せず、カウンセリングやパートナーのサポート、あるいは正しい方法での自慰などを経て改善していくことが一般的です。

 

膣内射精障害の場合、特定のパートナーがいるのであれば協力は欠かせません。

 

 

 

射精障害に陥っている男性の場合、女性とのセックスがトラウマになっていることも考えられますので緊張をすることなく心を許した女性の協力を得ることが射精障害の改善にもつながるとされていますのでパートナーの協力とともにしっかりとカウンセリングを行うことが重要ともいえます。

 

肉体的な改善方法としては??

 

  • オナニーをの回数を減らす
  • オナニーの方法を変える

 

肉体的な治療療法の一つとして、女性器を模したオナホールでの治療が有効だとされています。
TENGAのようなオナホールを使用することで膣内射精障害が良くなる効果が高まったという事例が多いようです。

 

特にマスターベーションのやり方が特殊な場合や強い刺激になれている人は膣内での射精が難しくなることがあるため、膣内の構造に良く似たオナホールを使用することで徐々に膣内でも射精できることが期待できるとされています。

 

それ以外には、医療機関の専門家がマスターベーションの正しい方法を指導して長年独自に培ってきたやり方を正すことで膣内射精障害を治療できる可能性が高いとされています。自分でもできる解消法としては、現実離れしたアダルトビデオや性的刺激を受けるものを控えるようにすることも効果的だとされています。

 

サプリメントで自信を取り戻すのも有効

 

女性とのセックスに自信が持てないことによって射精障害となっている場合には、精力増強やペニス増大の効果のあるサプリなどを利用してセックスを行うのも一つの手段です。女性を満足することができれば満足感により自身も射精しやすくなりますので利用してみる価値はあるかと思われます。

 

まずは一人で悩むのではなく誰かに相談したりあるいは自身で色々な方法を試してみるなど、かその状態を諦めずに治していけるように取り組んでいくことが大切となってくるのです。

 

また中折れするけどオナニーはできるという場合は精力が低下している可能性もあって、満足ほどセックスできないケースも考えられるので、サプリで増強するのもありです。

 

参考サイト: